​富山の楽しい♪英会話教室 ・・・

​歌やゲームで遊びながら、自然と英会話が身に付く!

​こんな子供たちと何気なく、
お子様が話せたらいいなあ、、、 と思いませんか??

、、、コミュニケーションさえ、とることができれば可能ですよね?!英語さえ、話せれば。。

"むずかしい、文法なんてできなくても、話せるようになるんです!"


​「えーーっっ?!本当にーーっ?!」
と、思われたかも?しれませんが、本当に、子供はこと細かい文法の説明などしなくても、魚を丸呑みするように、言葉を吸収できる力が、こどもにはあります。(残念ながら、大人にはありませんが。。)

​Introducing myself  - 自己紹介。

Sayuri Szolnoky / ソルノキー小百合
富山県富山市出身。 小学6年生から、英語を習い始める。 関西外国語大学(短期)英米語学科卒。 卒業後、アメリカ コロラド州、Frontrangeコミュニティ大学にて、ESL(English as a second Language)を学ぶ。 その後、今現在の夫に出会い、アメリカに8年ほど、定住する。 今3人いる子供の内、上2人はアメリカで生まれ、アメリカで育ち、2008年、日本へ家族で帰国する。
 日本へ帰国後は、富山市立豊田小学校、桜谷小学校、草島小学校、寒江小学校へ、英語講師として勤める。 YMCA経由で、村田製作所へ海外赴任のための英語個別指導や、その他の子供英会話教室でも教える。大人や、子ども(主に中学生)の個別指導もする。 2012年、英会話教室『English Fun』を始め、 現在に至る。現在は、教室も含め、輸出入を扱う会社へも勤務中。 J-SHINE(小学校英語指導者認定資格)取得。 TOEICスコア:835取得。

~私の伝えたいこと~
 私は、アメリカ8年間での生活を通して、自分の子供を含め、様々な子供たち(アメリカ人や、ヨーロッパからの移民、アフリカ系のアメリカン、日本人やアジア系の子、インド系の子、そして、いろんな人種のハーフの子など様々!アメリカにはいるのですが。)の言葉の習得の様子を直接見てきました。 実際、見たゆえに、どうしても!ゆずれない、私なりの”言葉を教える鉄則”があります。 ーーーそれは、12,3歳を過ぎれば、英語の習得は困難になるっていうことです。 アメリカへ引っ越してきた家族を何人か見たことがあるのですが、小学生を終わって渡米したお子さんと、小学生で渡米したお子さんでは、英語の吸収力があまりにも違い、、私自身も驚きました。。 アクセントなども、やはり、小学生までに渡米したお子さんは、そうでないお子さんに比べ、ネイティブのように発音できます。、、なので、外国語を習得させるのであれば、12,3歳になる前にすべきです、というのが私の自論です。 

My family

​うちの教室で使っている教材 ・・・ Genki English!


​『ゲンキイングリッシュ』は、リチャード・グレナン氏(←左の写真が本人。イギリス出身で、英語講師)自らによって、まったくのゼロからつくられた”直感的英語教材”です。 ご本人自身が、もともと勉強嫌いだった経験をもとに、

”どうすれば、子供たちの関心・興味を引きつつも、自然と言葉になじませていけるか 、、 ???” 

という思いを実現させたものが、ゲンキイングリッシュにつめこんであります!

​特に私が良いと認める点は、彼が作詞・作曲した歌です。 実は、私も以前から思っていたことですが、一般的な英語の歌は、幼児用であっても、日本人にはむずかしく感じる言葉が多く、英語学習には正直、向いていません。 ですが、このゲンキイングリッシュでは、歌詞も日常生活で使う言葉に限られており、しかも!、1度聞いたら、なかなか忘れられないような、とてもノリのいい音楽に仕上がっています♪♪♪ みなさんも、もしかしたら?、どこかで1度は聞いたことがあるかもしれないような、なじみやすい曲です。
   
下記はゲンキイングリッシュのサイトです。
NHKワールドでもとりあげられ、“北海道から沖縄までの何千もの小学校、世界中で何百万人もが勉強している教え方。”
日本語版でもご覧頂けます!
You can learn more about Genki English at http://www.genkienglish.net/